2012年05月14日

東京出張

東京出張終了!!よく遊びよく勉強しました!!大学時代の友達にも会えたしほんま楽しかった!!!!以上!!

834505_1639959420_108large.jpg

834505_1639959412_126large.jpg

834505_1639959408_230large.jpg

834505_1639959401_174large.jpg

834505_1639959389_76large.jpg

834505_1639959365_56large.jpg

834505_1639959346_45large.jpg

834505_1639959342_79large.jpg

834505_1639959326_182large.jpg

834505_1639989064_95large.jpg

834505_1639959312_240large.jpg

1

834505_1639959307_24large.jpg

834505_1639959296_98large.jpg

834505_1639989063_96large.jpg

834505_1639959294_10large.jpg

834505_1639959284_251large.jpg



834505_1639959281_76large.jpg

834505_1639959283_114large.jpg

834505_1639959272_156large.jpg

834505_1639959256_243large.jpg

834505_1639959243_171large.jpg

834505_1639959246_218large.jpg

834505_1639959248_242large.jpg





posted by suneo at 22:55| 高知 ☔| Comment(0) | JOB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月27日

東北地方太平洋沖地震 救護班(2011.3.22-3.26)

先日、東北地方太平洋沖地震によりDMATとして2011.3.11-3.15まで福島県にて活動してきましたが、翌週、宮城県石巻市に救護班として再度行ってきました。石巻市は、津波で多くの人が犠牲になった地域です。テレビでは見てたけど、実際の風景を目の当たりにして言葉をなくしました。初日は、石巻赤十字病院で医療活動し、翌日からは救護所にて診療というスケジュールでした。僕らが担当になった住吉小学校は200名弱の小さな避難所でした。ライフラインは全て駄目。電気、水道、ガス全てがありませんでした。実際自分たちは電気がない生活が今は考えられません。そして水道が本当に大変。排便も思うように出来ないことが本当に大変なことだと実感しました。いかに自分が電気の力に頼っていたかを実感させられました。もう一つびっくりしたこととして、何より避難所で皆が本当に協力し合ってがんばってます。皆で協力して避難所を朝から清掃したり。小さな子供も本当に一生懸命掃除してました。
医療班として、風邪、嘔吐下痢などが子供、お年寄りに多くなってきています。医療が思うように行き渡れない現状に対して僕たちに出来ることはほんの僅かですが、少しでも被災者の皆の力になりたいです。先日僕たちのチームは帰高しましたが、僕たちと入れ替わり他のメンバーと交代で支援している状態です。

834505_1054119697_141large.jpg

834505_1054119800_161large.jpg

834505_1054119751_17large.jpg


834505_1054119698_131large.jpg

834505_1054119791_112large.jpg

834505_1054119760_6large.jpg

834505_1054119773_214large.jpg

834505_1054119663_197large.jpg

834505_1054119662_77large.jpg

posted by suneo at 11:09| 高知 ☀| Comment(0) | JOB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月21日

東北地方太平洋沖地震

2011年3月11日14時46分ごろ、三陸沖を震源に国内観測史上最大のM9.0の地震が発生しました。日頃からDMAT訓練を受けていた僕は、東北地方へ救急車で緊急出動。11日の17時に出発し翌日の12時に到着しました。今回活動した場所は、福島県の福島空港。福島第一原発から約40〜50kmの場所。福島県の被害も相当なもので家屋は倒壊し、道路などもかなり破損していました。僕らが今回行ったことは、被災者の中で、重症度が強く広域医療搬送が必要と判断されたものがSCU(今回は福島空港)に搬送され、SCUのなかではさらなる被災者の状態の安定化と広域搬送が行われ、最終的に搬送の優先順位を決定し自衛隊ヘリが離陸する時間に合わせて搬送することでした。そのSCUを担当しましたが、あまりこの時はSCUのニーズが少なく4日目で活動終了となってしまいました。
今回の震災で、自分の出来る事が少なく帰高するのは本当に複雑な思いでした。今も被災地で復旧作業や放射線と闘う人達、前を向いて生きる被災者の皆さんに悲しいニュースや情報が飛び交ってるけど、今まで感じなかった日本の素晴らしさを感じることができたような気がしました。人それぞれできる事は違うけど、すこしでも被災者の皆さんの力になれるよう高知で出来ることをやって行きたいと思います。

☆DMAT(Disaster Medical Assistance Team)☆
災害急性期に活動できる機動性を持ったトレーニングを受けた医療チーム。
災害時の「避けられた災害死」をできるだけなくすことが目的。(災害時に1人でも多くの命を助ける。)


834505_1037660660_158large.jpg

834505_1037653264_204large.jpg

834505_1037653270_194large.jpg

834505_1037653272_168large.jpg

834505_1037660646_129large.jpg

834505_1037660640_147large.jpg

今回の地震で犠牲になられた多くの方々に、ご冥福をお祈りします。
被災者の皆様が、一日も早く日常を取り戻されることを祈っております。




posted by suneo at 20:04| 高知 ☁| Comment(0) | JOB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする