2013年07月16日

ヤマネチついに始動!

ついに始動!!このポーズとネーミングがインスタグラムで話題を呼び登山好きに急速に進展中!!

まさに今話題の「ヤマネチ」!!

ついにHP完成です!!

834505_1970343509_23large.jpg

http://yamanechi.com/

ヤマネチは高知の登山家「FULL FULL」が登山の喜びを体現化した奇跡のポージングである。(むろんコマネチのパロディーである)


『以下、ヤマネチホームページより引用』

about YAMANECHI

脚をガニ股に開き腰を落とし、肩から上で『山』の文字を浮かび上がらせる...
このユニークなポーズが生まれたのは2013年1月2日、厳冬期の某100名山山頂だった。
見てのとおり伝説のギャグ『コマネチ』を改造したこのポ−ズには『ヤマネチ』の名称が付けられた。
その後、インスタグラムという写真共有サイトを介して沢山の岳人から共感を得て急速に全国に広がっているのである。
posted by suneo at 15:29| 高知 ☁| Comment(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月15日

東赤石ーhigasiakaishi-

うっす!日曜日は、久しぶりに登山行って来たましたー!今回は、四国の巨塔、東赤石!四国の山でも一二を争うほどキツい山を登っちゃいました!この日は、天気も快晴!!記憶に残る素晴らしい登山になっちゃいました!
んじゃレポ開始!

5:45登山口に到着!
834505_1969795262_40large.jpg

森林から差し込む朝日が気持ちいい!
834505_1969795257_186large.jpg

癒される!最高!
834505_1969795259_97large.jpg

ひたすら登る・・!
834505_1969899382_102large.jpg


どんどん進む!
834505_1969795253_115large.jpg

しかし、同行犬のトモキの愛犬 ペツルの体力は凄まじいー!
834505_1969795251_175large.jpg

森の植物も堪能!
834505_1969899346_55large.jpg

美しいー!
834505_1969795234_163large.jpg

石はめっちゃ光ってる!
834505_1969899343_183large.jpg

道を確認しながらひたすら
834505_1969795246_184large.jpg


ぶっちゃけかなりキツい・・汗
834505_1969899377_194large.jpg

2時間を過ぎたくらいのところで木々の隙間から雲海が!
834505_1969795239_91large.jpg

これで一気に笑顔に!
834505_1969795237_6large.jpg

ここからは、テンション上がりっぱなしー!!でたーヤマネチ!!!
834505_1969795236_187large.jpg

そうこうしてるうちに頂上が見え始め!!
834505_1969795232_203large.jpg

登る続けて約3時間!ついに登頂成功!
834505_1969795229_242large.jpg

TOMOHARU君ダウン寸前 笑
834505_1969795231_236large.jpg

最高の景色にバンザイ!!
834505_1969899364_25large.jpg


記念に一枚!東赤石制覇!!
834505_1969795228_163large.jpg

山頂にそびえ立つ怒濤のヤマネチ Tシャツ!!かっこいい!!
834505_1969899368_189large.jpg


最後は全員で!!
834505_1969899369_192large.jpg

んでここから隣の八巻山まで縦走してご飯!
834505_1969899359_233large.jpg

体力に余裕のあるU2Kは笑顔のウナネチ!!
834505_1969795222_238large.jpg

東赤石の山頂付近は岩だらけ!
834505_1969795218_77large.jpg


縦走路も面白い!
834505_1969795217_210large.jpg

834505_1969899357_221large.jpg

そして歩く事30分!八巻山に到着!
834505_1969795214_212large.jpg


んで今日のご飯は、簡単リゾット!うまい!
834505_1969795207_109large.jpg


おやつのポテチは気圧で袋パンパン!
834505_1969795213_180large.jpg

最後に記念にもう一発!ダブルヤマネチ!!
834505_1969899355_115large.jpg


とかしてるうちに一気にガスが・・・!
834505_1969795205_201large.jpg

急いで下山!
834505_1969899348_112large.jpg

ここでクライミングを楽しむために別ルートから登って来たトモキと合流!
834505_1969795196_98large.jpg


おかめ岩のクライミングに成功した模様!さすが!
834505_1969795194_1large.jpg


んで天候が悪くなって来たので一気に下山。しかし、この帰りがキツかった・・。登山は登りより下りっていうけど東赤石はハンパなかったなー笑 ってことで帰りの写真はありません 笑
歩行距離14.8キロ8時間8分の長丁場となりましたが、とくかく最高の登山となりました!とにかく行ってよかった!東赤石行くときは気合い入れて登って下さい!

※写真はやまさんのも共有させて頂きました!やまさんありがとうー!
posted by suneo at 20:46| 高知 ☁| Comment(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月04日

極寒 寒風山

土曜日は久しぶりの登山に行ってきました。今回挑戦するのは、寒風山。天気予報は快晴のはずでしたが・・。

am 6:30 登山口到着
834505_1817371319_147large.jpg

あいにく空は曇り空。
834505_1817367468_145large.jpg

寒風山はしょっぱなの登りが一番ハード
834505_1817367470_65large.jpg

休憩を繰り返しゆっくり登る
834505_1817367465_199large.jpg

40分程度で綾瀬峠へ到着
834505_1817367420_148large.jpg

ここから更に奥へ進む
834505_1817367402_85large.jpg

次第にガスどんどん広がってくる
834505_1817367400_27large.jpg

霧に囲まれた森は神秘的
834505_1817367398_59large.jpg

登っていくうちに気温はどんどん下がりなんと念願の霧氷(※)を発見
834505_1817367383_185large.jpg

834505_1817367381_207large.jpg

辺りはどんどん
834505_1817367364_219large.jpg

白銀の世界に
834505_1817367355_48large.jpg

白銀のトンネル
834505_1817367351_230large.jpg

霧氷
834505_1817367350_178large.jpg

TOMOHARU君も感動
834505_1817367347_71large.jpg

自然の風が創る神秘の力
834505_1817367341_237large.jpg

更に奥へ。頂上を目指す。
834505_1817367333_54large.jpg

約2時間で頂上まで到着。寒風山制覇。
834505_1817367325_186large.jpg

しかし、周りは一面霧の世界。本当は笹ヶ峰までのすばらしい稜線がみえる縦走コースがあるもののこの悪天候ではさすがに断念。そして夏と違って寒さで体力がどんどん奪われていく。

笹ヶ峰縦走を諦め、食事をとることに。


食事をとれそうな岩場を発見
834505_1817367323_18large.jpg

感動的な絶景
834505_1817367320_19large.jpg

834505_1817367277_205large.jpg

本日は、白だしの鳥鍋。
834505_1817367307_191large.jpg

極寒のなかで食べる鍋は絶品。
834505_1817367292_248large.jpg

鍋の後は、締めの雑炊。白米と生卵をかけて完成。究極の贅沢。
834505_1817367289_14large.jpg

しかし、寒さの中で体力が奪われていく。恐るべし冬山。

食後は、そそくさと撤退。

しかし、下山しているうちに辺りのガスがどんどんのいていく。
834505_1817367276_134large.jpg

青空と紅葉のコラボレーション
834505_1817367270_237large.jpg

もみじが鮮やかに山を染める
834505_1817367267_245large.jpg

下山したときには完全に晴天。
834505_1817367261_239large.jpg

834505_1817367258_229large.jpg

すばらしい稜線は見えませんでしたが、念願の霧氷をみることができたので大満足。しかし、山の天気は変わりやすい笑 今回の登山を通じて自然のすばらしさを再確認。季節ごとに見せる山の魅力。そして山の恐ろしさも同時に体感しました。登山が更に楽しいと思えた一日となりました。

下山後は、木の香温泉に入って、TOMOHARU先輩も初めてということで手打ちそば 時屋へ。
834505_1817367226_245large.jpg

時屋はまさに紅葉全快
834505_1817367231_184large.jpg

自然を満喫しながら体を癒す
834505_1817367217_104large.jpg

834505_1817367214_243large.jpg

834505_1817367211_144large.jpg

834505_1817367207_112large.jpg

834505_1817367206_47large.jpg

834505_1817367223_61large.jpg

秋を満喫して、何から何まで最高の一日となりました!!
やっぱ自然で遊ぶ。最高の贅沢ですね。
また今月どっか登りに行きたいと思います。笑

※霧氷(むひょう)
氷点下の環境で、空気中の過冷却水滴もしくは水蒸気が、樹木その他の地物に衝突して凍結もしくは昇華することでできる、白色や無色透明の氷層の総称。いわば自然現象としての着氷現象。
posted by suneo at 19:58| 高知 ☁| Comment(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする