2015年12月29日

2015.12.26

この気持ちを忘れたくないのでここに残します。

834505_2192202625_91large.jpg

母が12月26日の午前11 : 16、永眠致しました。享年61歳でした。

母の病気が発覚したのが、昨年の夏。

健康診断で肺に陰があるということで早急に精密検査した結果、肺がんである事が発覚しました。

約1年の間は、飲み薬の抗がん剤が効いて普通の生活を送れてたけど、薬が耐性化し、

急変したのが今年の8月。

10月には、一度退院できたけど、最後は治療法がありませんでした。

闘病中は、いつも前向きで「絶対に病気には負けん !! 」「少しでも可能性があるなら !! 」

と言って抗がん剤が耐性化した後も、別の抗がん剤にも挑戦してくれました。

本当に副作用も辛かっただろうけど、それよりも生きる希望を選択して、

最後の最後まで戦い続けてくれた母は本当に誇りです。

そして、ホスピスに移ってからは、容態が急変し何度も呼び出しがあったけど、

その都度乗り越えて、11月24日、念願であった60歳の誕生日も無事迎えてくれました。

本当に感謝でいっぱいです。

母の命を奪った癌という病気は、幸いにも、家族に母との残された時間を作ってくれました。

癌という病気は家族みんなで戦う病気。

病気が分かってからは、旅行にも行けたし、いっぱい話もできたし、

何より、毎日病院へ母に会いに行くのが楽しみでした。

親孝行って言える自慢できる事は何一つできなかったけど、

後悔しないように残された時間を過ごすことが出来たと思います。


834505_2192202629_60large.jpg

母からもらったものは、ここで言い表せないくらいいっぱいありますが、

明るく、元気な母の人柄が本当に大好きでした。

こんなにも愛情ある家族を築いてくれた母。

母の子供に生まれたことを誇りに思います。

本当は、もっともっと長生きしてほしかったし、旅行も一緒に行きたかった。

闘病中、何にもできない自分が本当に悔しかった。

もう親孝行する事は出来ないけど、

これから精一杯生きて、お母さんの自慢の息子になろうと思います。

「お母さん 本当にありがとう。」



最後に、お通夜、葬儀に来てくれた皆さん本当にありがとうございました。

こんなにもたくさんの友達、職場の人たちが足を運んでくれたこと

本当の感謝でいっぱいです。

いつも本当に辛い時、みんなに救われてる。

また、毎年恒例だった正月パーティーも復活させたいと思います。

みんなありがとう!!

posted by suneo at 10:36| 高知 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: