最強三嶺【前編】

今回は、四国の中で最も過酷といわれている三嶺(フスベヨリ谷コース)へ挑戦してきました。最も過酷であるが、最も美しい。総距離18キロという最強コース。今回のメンバーは、FULL FULL、hygge56,TOMOHARU,TOMOKI,U2K,YOHEY,SUNEOの7人。夜中3時に自宅を出発し、光石登山口に5時到着。下山予定時刻は15時という予定でスタート。

【コース予定】
(行き)光石→フスベヨリ谷コース→三嶺山頂
(帰り)三嶺山頂→西熊山→お亀岩→光石

光石登山口でスタート記念撮影。
834505_1745632819_159large.jpg

早朝の為あたりは薄暗いため、ヘッドライトをつけての登山開始。
834505_1745632796_239large.jpg

川をさかのぼっていくといきなり数々の絶景
834505_1745632792_121large.jpg


今までの登山と違い川を渡ったり楽しい。
834505_1745632791_231large.jpg

マイナスイオン全開。
834505_1745632789_101large.jpg

どんどん
834505_1745632787_40large.jpg

奥へ進む。
834505_1745632784_241large.jpg

三嶺での、遭難者の慰霊碑
834505_1745632779_204large.jpg

協力してして川を横断したり
834505_1745632775_217large.jpg

すべてはアドベンチャー
834505_1745632772_41large.jpg


道なき道を進み
834505_1745632763_225large.jpg

見るものすべては新鮮で
834505_1745632761_189large.jpg

自然の偉大さを
834505_1745632756_139large.jpg

肌で感じる
834505_1745632747_217large.jpg

そして、自然が創りだす世界に
834505_1745632734_1large.jpg

言葉を失う
834505_1745632735_128large.jpg



三嶺にはたくさんの生き物を発見

ガマカエル
834505_1745632744_50large.jpg

たくさんのキノコちゃん達
834505_1745632732_190large.jpg

834505_1745632781_170large.jpg

834505_1745632733_38large.jpg

834505_1745632730_67large.jpg

834505_1745632729_16large.jpg

834505_1745632725_173large.jpg

休憩中も全員笑顔。
834505_1745632728_237large.jpg

みんなで楽しさを共有する。それが一番嬉しい事。

歩き始めて2.5時間を経過。

ここから一気に登りに入る。ここがこのコースの山場。
834505_1745632719_132large.jpg

体力も限界に差し掛かりまさに崖っぷち
834505_1745632716_215large.jpg

三嶺の頂上が見えるも霧がかかっている・・。
834505_1745632711_30large.jpg

やっとの思いで三嶺登頂するもあたりは一面・・霧の世界・・。
834505_1745632707_35large.jpg

残念であるが、小雨も降ってきそうだったので、三嶺の避難小屋にて昼食をとることに。
834505_1745632704_103large.jpg

早速料理開始。
834505_1745632700_165large.jpg

卵入りエビピラフ。
834505_1745632701_254large.jpg

食事を済ませ、疲れた体を休める。しかし、外は小雨が降り始める・・。
しかし、下山もあることから早々に三嶺を後に、西熊山へ向かうことに。

天候と疲れでテンションが下がっていた僕たちに、この後、待っていたのは

これまで見たこともない絶景だった。

【後編】へ続く

この記事へのコメント