幻の三嶺縦走

瓶が森に引き続き、またまた連チャンで登山行って参りました!!
今回は、起案者のリーダーFULL FULLさんを筆頭にTOMOHARU兄、TOMKI,そしてついにきた山ガールのやまゆうと僕のメンバー5人。今回は、中級コース『白髪山~三嶺縦走』に挑戦してきました。今回のコ-スは一番手軽に三嶺山頂を踏めるコ-スとのこと。以下の行程でスタート。

※工程
《登り》
6:00~6:10白髪山登山口よりスタ-ト⇒7:00白髪山山頂(休憩を15分ぐらいして出発)⇒7:50白髪山分岐⇒9:30三嶺山頂(昼飯)
《下山》
11:00三嶺山頂より下山開始⇒12:00白髪山分岐⇒12:30白髪山山頂⇒13:00白髪山登山口

いざ出発!!
登山早々、朝日と朝露が神秘的に森をデコレイト!!
834505_1713177714_86large.jpg

tomoharu兄さんも初めての使うハイドレーション(※)にうきうき!!
(※)オリエンテーリングで使用する、給水のための道具。水筒部分とチューブからなり、バックパックなどに背負ったまま、走りながら給水できる。
834505_1713177724_116large.jpg

休憩をはさみつつゆっくり登っていく
834505_1713177708_222large.jpg

白髪山から見えるこの絶景!!
834505_1713177702_53large.jpg

絶景に笑みがこぼれる
834505_1713177698_9large.jpg

834505_1713177689_197large.jpg

一時間程度で白髪山山頂へ!!TOMOKI自慢の双眼鏡!三嶺を見ようとするも全く役に立たず・・・。
834505_1713177672_201large.jpg

ここから三嶺に向けて縦走していく。
石鎚山とは違い、ほんとに山の中を歩いてるって感じ。虫も全くいない。

少し休憩して縦走開始。
山中には自然がいっぱい。

鹿の足跡。
834505_1713177668_104large-1.jpg

きれいな植物がいっぱい。
834505_1713177653_164large.jpg

古木とコケ。
834505_1713177651_104large.jpg

どんどん進む。
834505_1713177569_240large.jpg

白髪山分岐まで後すこし。
834505_1713177562_141large.jpg

どんどん深い森の中へ
834505_1713177561_41large.jpg

小さな池なんかも。
834505_1713177550_169large.jpg

やっとこさ白髪山分岐へ到着
834505_1713177555_213large.jpg

しかし軽い縦走と思っていたら、かなりの高低差。しかし、余裕のやまゆう。
834505_1713177547_195large.jpg

834505_1713177542_132large.jpg

少し休憩...。
834505_1713177537_121large.jpg

そして、さらなる急斜面。東熊山の頂上を目指す。この時点でかなりきつい・・・。
834505_1713177528_145large.jpg

東熊山の頂上へついたところで、目の前には三嶺が・・!!三嶺は、雨雲で覆われていてためこれ以上進むと、更なる天候の悪化が予想されここであえなく撤退することに。そして東熊山中腹の岩場で休憩することに。
834505_1713177518_120large.jpg

お楽しみの今日のお昼ご飯。チーズだらけ・・・。
834505_1713177507_249large.jpg

FULL FULLさんは生卵入りチキンラーメン!!
834505_1713177499_135large.jpg

食事を済ませたところで一気に雲が降りて来て小雨が降り出したため、雨具着て撤退することに。
834505_1713177492_24large.jpg

山ガールも下山開始
834505_1713177478_75large.jpg

下山途中にも植物を堪能
834505_1713177475_15large.jpg

834505_1713177461_20large.jpg

最後は、最高にきつかった帰りの急斜面!!
834505_1713177458_13large.jpg

帰りには、膝裏の痛みが再発・・・。かなり痛かった。次回からサポーターが必要。
悪天候の為、あえなく撤退したけどかなりハードな登山となりました。しかし、このコースは虫もまったくいなかったし本当に最高の登山となりました!!見る景色はどれも新鮮でほんとに自然を堪能することができました。
自然と遊ぶ。本当に楽しい。なんか体調子いいもんねー。次は必ず、三嶺へ登頂したいと思います!!

この記事へのコメント

  • FULLFULL

    SUNEO君の体力にはホンマおどろかされる!
    膝の痛みが無ければもっと快適な登山できるのにね-。
    対策練って克服したいね!
    2012年07月25日 21:32
  • suneo

    FULL FULLさん!なんとか膝克服したいですね!サポーターつけて一回挑戦してみます!!もっかいリベンジしたいっすねー!!
    2012年07月26日 08:17
  • ちひろ

    うん、うん わかる わかる 三嶺ってキツイですよね 登山初めて四回目で そのコースに
    日本で一番暑かった日にチャレンジしました
    アブもハンパなかった。
    2013年10月14日 23:43