西日本最高峰 石鎚山【前編】

ついに念願の初登山行ってきました。今回の目的地は西日本最大の高さを誇る石鎚山(※)。今回、登山メンバーは、ベテラン組のFULL FULL兄と族長トモキ、hygge56さんに加え、全くの初心者組、僕とTOMOHARU兄さん、U2Kというメンバーで行ってきました。

※石鎚山(いしづちさん、いしづちやま)とは、四国山地西部に位置する標高1,982mの山で、近畿以西の西日本最高峰である

早朝3時に高知市内を出発し石鎚山を目指しました。車で走ること約2時30分。石鎚山に到着。
天気予報は、晴れだったのに石鎚山周辺は、小雨まじりの曇り空。霧も半端ない。
834505_1697836970_50large.jpg

引き返す訳も行かないので登山を決意し、早速地図を確認。
834505_1697836964_237large.jpg

全員で持ち物を確認し打ち合わせしていざロープウェイへ。
834505_1697836961_231large.jpg

前日、イベントに出演して全く寝ていないFULL FULLさんはまだ酔っぱらっていて絶好調(笑)
834505_1697836925_118large.jpg

石鎚山の神々。
834505_1697836923_224large.jpg


初登山のいうこともありテンション高いまま、ロープウエイで高度1200メートルまで上昇。料金は往復券で1,900円。7月1日から夏の大祭-お山開き-ということで、この10日の間に何万人もの人が登山するみたい。

夏の大祭-お山開き-とは
お山開き大祭は奥宮頂上社を頂点として中宮成就社・土小屋遥拝殿・口ノ宮本社を結んで挙行されますが、特に六月三十日、本社にご鎮座の三体のご神像が氏子中の奉戴する三基の神輿にて成就社に奉還し、七月一日、成就社よりは全国信徒中より選ばれた三崇敬組合信徒約三百名の奉持により、奥宮頂上社に上遷御され、向こう十日間、全国の氏子・崇敬者のご登拝を迎えられ、神人合一の神事が行われます。

そして、霧がとにかく凄い...。
834505_1697836914_216large.jpg

この日もとにかく凄い人..。あたり一面、人、人、人..。ほとんどの人が、ロープウェイから10分くらい登った場所にある成就社を目指している。大渋滞...。
834505_1698679215_215large.jpg


そして、成就社にて登山切符(一人¥500)を購入。登山ゲートを潜ってスタート。
834505_1697836899_254large.jpg

石鎚山頂までは、4.3キロの道のり。
834505_1698679214_231large.jpg

マイナスイオンいっぱい。空気もおいしい。森の中の植物も神秘的。
834505_1697836886_51large.jpg

歩き始めて一時間弱、石鎚山頂まであとまだ2.5キロ。
834505_1697836881_199large.jpg

足下もかなり悪く思うようにあるけない。
834505_1697836878_77large.jpg

初めての山小屋。ここまでで約半分。ジュースやパン、ビールなんかも売ってた。
(ちなみに500mlのペットボトルが500円)かなり高い。
834505_1697836853_98large.jpg

そして登っては休憩を繰り返しながらしながらゆっくりゆっくり登ってく。
834505_1698679205_65large.jpg




このあたりで、登頂して帰ってくる人に「山頂は雲海が広がってる。最高の景色でー」という情報を貰い一気にテンションが上がる!!
834505_1697836846_12large.jpg

頂上まで一キロまで着たところで鎖が登場。この鎖を使って崖をよじ上って行く。僕もチャレンジ。さすがに危険で写真はとれず..笑 結構お年がいった方もがんがん登ってた。
834505_1697836837_241large.jpg

この辺になってくると周りの植物にも変化が...。高い木はなくなり新しい植物が生えている。
834505_1697836836_73large.jpg

体力も限界に差し掛かろうとしているところに最後のとりで。ここを一気に登れば頂上。かなり急斜面を登る。未睡のFULL FULLさんも限界間近...。
834505_1697836831_98large.jpg

ここから頂上までは本当に体力が限界であんまり覚えていない...。とにかく必死でひたすら登った...。
そして、歩き始めて約3時間半。ついについに頂上へ..。
834505_1697836825_105large.jpg

先に余裕のゴールを見せたU2KとTOMOKIが笑顔でお出迎え。
834505_1697836820_188large.jpg

そして念願の絶景も...ところどころ隣の山がうっすら顔を見せるも、雲海どころかあたり一面霧....。ときより前の山が見えそうになるもすぐ霧の中へきえていく..。
834505_1697840358_203large.jpg

こんなつらい事は久しぶりだった.....。これを楽しみの登ってきたのに...。重いカメラを持ってきたのに..。




落胆しかけていたそのとき




奇跡が起きる!!!!!!!!!

<後編へ続く>

この記事へのコメント